自己処理が減るメリットや永久脱毛について

“サロンやクリニックで受けられる脱毛には様々なメリットがあります。その一つが自己処理の回数が減ることです。肌が乾燥しにくくなって肌のキメも整いますし、毛穴も小さくなり時間にも余裕が出来ます。現在は毛周期に関係なく脱毛ができるサロンや1年未満で終わるクリニックもあるので、早く完了させたい人は早期に終わるところを選ぶのも一つの方法です。これまでだと毛周期にあわせて2ヶ月から3ヵ月ごとに通うため、終わるまでに2年から3年ほどかかっていましたが、最新の方法だと1年程度で完了できます。

サロンによっては2週間に1回受けられて、最短で6ヶ月で完了するところもあります。このサロンでは最新の機械SHRを導入しています。これは一般的なサロンと異なり毛包に光を数回に分けて照射するため、温かさを感じる程度の痛みで肌への負担も少ないです。毛周期に関係なく通うなど色々メリットがあります。このサロンは医療関係者が選ぶ脱毛サロンランキングで1位を獲得していて、安全性も高いです。

SHR式のマシンは、黒い色素に反応するこれまでの光脱毛だと施術が出来なかった産毛や日焼け、金髪などでも行うことが出来ます。他のサロンだと出来ないムダ毛の処理でもこの最新の機器なら行えます。痛みも殆どなく肌への負担も少ないため、これまで肌が弱くて受けられなかった人でも受けやすくなっています。他のサロンで満足できなかった人が乗り換えることも多く、同業者からも選ばれている注目の新しい方法です。

“脱毛はサロンやクリニックによりコース内容が違っていて様々なプランやメニューがあります。また、永久脱毛ができるものと、出来ないものがありその多くはワックスなどで一時的にムダ毛を処理するものなので時間が経つと直ぐに生えてきます。緊急でムダ毛処理をしたいときにはむいていますが、直ぐに生えてくるため自己処理を行う必要があります。

永久的ではないですが自己処理の回数を減らせる方法として光脱毛があります。ムダ毛を毛根からなくす方法なので1回処理をするとムダ毛がない状態を長く維持できます。回数を重ねるほど自己処理を行うのも不要になる程度まで毛がなくなるためかなり楽になります。永久的に効果を期待するなら医療レーザーです。光と比べると出力が高いため効果もあります。ただ価格も高めになります。

ある程度の自己処理が不要になって回数や年数がかかっても良く、料金も安い方が良い場合はエステの光脱毛が向いています。近年はサロンが増えていてリーズナブルな料金で受けられるところが増えています。ワキなど気になる部位だけ受けるのも良いですし、全身まとめて行なうのもおすすめです。料金は高くても永久的に効果を期待するときは医療レーザーがおすすめです。

サロンの光による脱毛はムダ毛にある毛根を壊します。通常ムダ毛には毛乳頭があって血液の栄養を吸収しながら毛を成長させます。毛母細胞は毛乳頭の栄養を取り込みながら新しい毛を作ります。処理を行っても新しく毛が生えてくるのは毛乳頭や毛母細胞が残っているためです。光やレーザーを受ければ毛乳頭と毛母細胞の力を弱めたり、破壊できるため毛が生えにくくなります。毛が濃い場合でも何度も受けることで毛乳頭と毛母細胞を破壊して弱らしていくため少なくなっていきます。

シェービングと光脱毛について

“脱毛の中でも最も手軽に出来るのがシェービング(毛剃り)です。これは専用のかみそりを使って広い班員の産毛や細い毛を剃る方法です。かみそりの滑りをよくして肌への負担を少なくするために、シェービングフォームの泡やジェル、クリームなどを塗ります。この泡を取り除くようにかみそりを優しく滑らして脱毛をします。剃ったあとはホットタオルで泡を拭き取って保湿を行います。

古い角質なども剃れるので白くて透明感のある肌が期待できて、古い組織も除去できるため保湿液が浸透しやすくなり化粧ノリもよくなります。光照射では反応しにくい産毛なども処理が可能で、1回で効果があるため急な時でも脱毛ができます。光や電気などと比べると格安です。サロンだと行えるところが限られています。

向いている部位は顔や耳、眉毛や指、背中に二の腕、デコルテや足、髭などでよくブライダルエステで行われています。1回で終わりますが効果は一時的で、かみそりを使って処理をするのが一般的ですが、理容師がいない場合は電気シェーバーを使うことが多いです。シェービングは刃物類の使用許可を受けていて、理容師免許があるエステティシャンだけが施術を行えます。

これまでシェービングを受けたことがない場合は、肌との相性確認のためにパッチテストや事前に肌質をチェックします。特に挙式前など大切なイベントがあるときには、受ける前に1週間以上余裕がある状態で、スケジュールを組んだ方が良いです。

“エステサロンで行われているのが光脱毛です。フラッシュやIPL、プラズマがあります。黒色に反応する光線で毛球や毛乳頭を処理します。キセノンフラッシュ光線と特殊偏光フィルムにより一瞬だけ発光させて毛根に働きかけます。レーザーでの処理と原理は同じですが、波長は長くて複合波長光線で多様な毛室や毛根の深さに反応して、光線が脱毛処理部の毛根にきちんと届くように設計されたマシンを使います。

施術中のライト光による瞳への刺激防止のために、目には保護用サングラスを付けます。肌へのダメージを減らすために脱毛する部位には冷却用ジェルを塗布し、その上から脱毛ライトを照射します。施術後にはジェルを拭き取ります。11度で何本もまとめて処理が可能でニードルと比べると短時間で完了します。また、レーザーと比べて痛みも少なく1回の料金も安いです。表面に毛が伸びてなくても行えます。

レーザーと比べると出力が弱いので効果が出にくく、日焼けした肌や毛を剃った直後だと行えません。髭やワキ、Vラインや腕、足やうなじ、顔や指など全身に施術が出来ます。一般的に2ヶ月から3ヵ月に1回行い、毛のサイクルにもよりますが大体6回から12回程度です。1度効果があると長期的な効果も期待できます。マシンの種類によってフラッシュやプラズマ、ライトなど色々ありますが、どの場合でも全て同じ光によるものです。最近は毛周期に関係なく施術を行うマシンなども出ています。

ニードルとワックス脱毛について

“海外では100年以上前から行われている脱毛がニードル脱毛です。これは細い針を毛穴の1つ1つに差し込んで、差し込んだ針に弱い電気や高周波を流して毛根部を壊して毛の再生を防ぎます。使う針は金属アレルギーを予防するためチタンやゴールドで加工しています。直径0.05mmから0.15mmのプローブと呼ばれている極細の針を毛穴の1つ1つに差し込んで差し込んだプローブに電気や高周波を流します。熱などで毛根部が壊れるため二度と毛は生えなくなります。

ニードル脱毛には、電気と高周波を両方あわせて行うコンビネーション法とブレンド法があります。1本ずつ毛根を処理するので他の光脱毛と比べると一番効果が高いです。レーザーだと反応しにくい色素の薄い毛や細い毛にも対応可能で、照射が出来ない部位の目元や眉毛、色素沈着しているビキニラインなども処理が可能です。

1本ずつ行うので時間がかり、毛穴に針を刺すため部位によっては痛みを強く感じることもあります。これも肌表面を冷やしたり医療機関によって麻酔などを塗布することで、痛みも和らげることが出来ます。行う部位の毛は5mから1cmほど伸ばしておきます。適している部位は髭やワキ、Vラインやそのほか全身で、平均で1年から1年半の期間、3週間に1回程度です。これも毛のサイクルやサロン、施術部位や個人差があります。永久性が高い方法とされていて、施術をする人は脱毛士など資格を持っています。

“エステサロンや自己処理などでよく行われているのがワックス脱毛です。専用のワックスを皮膚に塗布して毛根から抜き取ります。一般的に低価格で手軽に行えます。サロンでは専用の液状ワックスを温めて行う範囲に塗って時間を置き、固まってから剥がします。ワックスに包み込まれて固まった毛がワックスと一緒に毛根から抜けます。

光などに反応しにくい細かい産毛などもまとめて処理が可能で、古い角質も一緒に剥がれるのでごわつきがない透明感がある肌になることも出来ます。かみそりの処理に比べると毛根から処理が出来るので、次に生えてくるまでの期間も長いです。毛が生えてくるときもちくちくしません。1回で脱毛効果があるのでデートや結婚式など大切なイベント前に、緊急で対応が必用なときにも便利です。光や電気などの処理と比べると価格も安いです。

まとめて一気に抜き取るため痛みがあります。また抜き取るときの刺激で肌へのダメージがあるため施術前と後は保湿など十分なケアが欠かせません。刺激もあるので肌が弱い人は注意が必要です。ワキや足、腕やVライン、うなじなどにむいています。基本的に1回数十分程度で範囲が広いときは数回にわけて行います。効果は2週間から4週間ですがこれも個人差があります。行う前に毛先を5mmほど伸ばす必用があり、処理後に皮膚の再生が早いと埋没毛になることもあります。陰部のヘアを行うブラジリアンワックス脱毛が有名でよく知られています。