歯科でもマイクロスコープが用いられる例が増えている

医療現場では、肉眼では確認することができない部分の治療を行う時にはデジタル顕微鏡が用いられることがしばしばあります。

日本において、この顕微鏡は少し前までは脳神経外科や眼科の領域で多く用いられて来ましたが、近年は口腔内の治療でも用いられるようになってきています。歯科用のマイクロスコープが登場するようになるまでは、歯の治療の効果があらわれるかどうかは担当する医師の経験と勘に左右されていました。

しかし、歯科用マイクロスコープの登場によって、医師は患者の歯の状態を確認しながら治療ができるようになりました。目ではなかなか確認しにくい部分も画面を通して見ることができたり、治療前の歯の状態を保存して治療後の状態と比較することができるようになることで、治療の計画も立てやすくなり、成功率も上がるようになりました。先に歯科用のマイクロスコープの導入がすすんでいると述べましたが、日本の医療現場における普及率は数パーセント程度と高いというのには程遠く、この医療機器による治療が受けられる医療機関は少ないのが現状となっています。しかし、海外に目を移すと、国によっては歯根や歯の神経を治療する際には必ず歯科用マイクロスコープを使って実施することが義務づけられていることなどが理由で、普及率が高くなっている所もあります。

なお、日本では、歯科用マイクロスコープをつかった治療は比較的新しい治療方法とみなされるため、この治療を受ける場合の料金は全額自己負担となるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *