予防歯科の基本的な考え方

みなさんは予防歯科をご存じですか。

これまで歯医者に行くのは「むし歯ができたから。」とか「歯が痛いから。」というのが一般的な考え方でした。むし歯予防についても「歯磨きを毎食後きちんとする。」といったことしか方法がなかったのです。しかし最近の予防歯科は違います。毎食後の歯磨きはもちろんのこと、「むし歯になる前に歯医者に行く。」というのが基本的な考え方です。これまでのように、歯に違和感を感じたときに歯医者に行くのではなく、定期的に歯医者に行って健診を受けるのです。

定期的に歯医者に行くことにどのようなメリットがあるのかといえば、むし歯の早期発見ができるということです。初期段階のむし歯であれば経過観察という場合もありますが、ほとんど歯を削ることなく治療することができるからです。

以前は小さなむし歯であっても歯を削る時代もありましたが、初期のむし歯は経過観察する場合がほとんどです。歯を削ることによりさらにむし歯を悪化させてしまう恐れがあるからです。定期健診では歯ぐきや歯のチェックを行います。次に歯磨きがきちんとできているかどうか、赤く染め出しをして汚れが残っているところを確認します。どこに磨き残しがあるのか一目瞭然ですし、自宅で気をつけて磨くことができるでしょう。

歯石の除去や歯の表面の汚れを落としたら、最後にフッ素を塗って終了となるところが多いようです。予防歯科の考え方が普及し始めてから、少しずつむし歯の羅漢率も減ってきているようです。歯を大切にして、8020運動を推進させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *