歯科へかかるということ

歯科へかかる場合、多くの方が虫歯など、歯が痛くなった時に行くところだという認識であり、子どもの頃からの怖いイメージを持っている方も多くいらっしゃいます。

そのため、歯が痛くなっていても、なかなか歯科へ行こうとせず、余計に症状が悪化してしまうケースも多いです。しかしながら最近の考え方として、予防歯科というものがあります。これは治療をするために歯科へ行くのではなく、3か月から6か月に1度、歯石を除去してもらうなど、歯のクリーニングをしてもらう事により、歯を健康的に保ち、治療の必要性を減らす働きがあります。

歯のクリーニングに通っていると、歯茎の状況などを見てもらうことにより、ブラッシングをもう少し弱く行なった方が良いなど、様々な個々の状況に合わせたアドバイスが頂けます。予防歯科の場合は、お子様でも痛い思いをしませんので、歯医者は怖いというイメージを持つこともなくなりますし、子どもを得意とする医師も多いので、そういった場合は、お子様が楽しい気持ちになれるよう、診療室をキャラクターであしらったキッズルームにしていたり、押さえつけたりせず、優しい言葉かけをしていたり、シールやおもちゃなどをもらえたりする所も多くあります。

そのため、お子様は歯医者へ行くのが逆に楽しみになるなど、昔とは全く違うイメージを与えることに成功しています。保育士の無料託児を実施している所もありますので、お母さまとお子様が一緒に定期健診に通う事も可能ですので、小さいお子様がいらっしゃるご家庭でも安心して通う事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *