詰め物が取れたらすぐに歯科に行った方がいいのは

歯科で虫歯の治療をする場合、削った場所に詰め物をします。

そして、その後、詰め物が取れてしまった場合は、すぐ歯科に行って再度詰め物をしてもらった方がいいといわれます。しかし、そもそも最初の治療の時点で虫歯は治っているはずなのに、詰め物が取れただけでなぜ再び歯科に行かないといけないのでしょうか。まず、審美という点で確かに早く詰め物をしてもらった方がいい場合があります。たとえば、前歯が虫歯になって治療をした場合、詰め物が取れてしまうと、前歯が欠けている状態になってしまうからです。

しかし、早く医者に診てもらった方がいい理由は、見た目の理由だけではなく、詰め物が取れている状態をそのままにしておくのは、歯にとってよくないからです。というのは、虫歯を削った場合、歯の表面であるエナメル層を削ってしまっていることがほとんどです。エナメル層は非常に丈夫で、歯を守っているのですが、詰め物が取れるとエナメル層がない状態で象牙質という部分が露出してしまうことになります。

象牙質はエナメル質と比べると弱く、虫歯になりやすい上に、虫歯になってしまうと一気に進んでしまいます。まして、詰め物が取れた部分には食べかすなどがたまりやすくなるので、更に虫歯になりやすいといえます。つまり、詰め物が取れている状態というのは、歯を防御する盾がない状態で虫歯に立ち向かうようなものなので、医者に行って早く詰め物をしてもらった方がいいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *