日本人の歯科の始まり

日本人の歯の治療の始まりは、大雑把に言えば旧石器時代から始まり、装飾品や自分と違う部族の威嚇等で、歯を削ったり抜いたりしていました。

縄文時代になると、虫歯になっている人は少なかったのですが歯の摩耗する人が多く悩まされていました。縄文時代の中期ぐらいから、柔らかい食べ物を食べるようになりだして、今度は摩耗する人が少なくなって虫歯になる人が増加してきました。弥生時代に入り、更に悩まされるようになってきました。こうした時代から少しずつ歯科が始まっていて、平安時代には歯科治療が行われていました。人間は、昔の人も現代の人も歯がない人はいないので、必ず人間と歯科というのは組み合わせなのです。

現在は昔と違い、それぞれ専門の科があったりするので、自分が治療したい用途に合わせて選ぶ事ができるようになったので、とても利便性が良くなりました。歯というのは、人間にとってなくてはならないので、現代のように専門の歯医者が増加しているという事は、患者にとって有り難いことで、旧石器時代から医学の進歩でさまざまな研究を得て現在の素晴らしい治療方法に至るので、歯の治療方法が進化を遂げている事は、宝とも言えます。

こうした事から、歯を一日でも長く健康で丈夫な歯を保つ為には、歯科という専門家がいなければ保つ事ができないのです。日常の中で、堅いものや柔らかいものを食べたりできる事も、歯科がいるからこそできる事で、日々有り難く思う事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *