全身脱毛の方法と効果の違い

女性のサテンの如く滑らかな素肌は、まさしくキャンバス。

それぞれのパーツの魅力を一際際立たせる、純白のキャンパスがスキンケアであり、まさしく美容のもっとも基礎的な分野であるといえます。特に目に見えやすいものとしては、ムダ毛の処理があげられ、毛抜きやニードルを利用した個人でもできる処理や市販の除毛クリームのように多くの女性が脱毛に苦心しています。美容外科や、専門のサロンでのサービスには脱毛の方法などが選択でき、自分に合った脱毛方法を選択できるほか、自宅ではできない広範囲の脱毛や全身脱毛のような、一人では処置できない脱毛も行ってくれます。

全身脱毛の方法というと従来通りのニードルを使った方法などもありますが、医療機関での施術ならば背中などの広範囲に及ぶ脱毛の場合ではレーザー脱毛などの脱毛方法が利用されることもあります。医療用レーザーを用いて毛根を焼きはらうこうした脱毛方法は、広範囲を比較的少ない負担で処理することができ、効果も毛根から処理できるのでとても高いものが期待できます。

全身脱毛では背中の様な広い範囲、ハイジニーナや脇などのデリケートな部分の脱毛など多くの部を位処理するために、何回かに分けて異なる脱毛方法を利用する場合もあります。一見、効果が高くスピードもあるレーザー脱毛は万能なように見えますが、デリケートゾーンの脱毛には向いていないので、脱毛する部位によって使い分けることが大切です。全身脱毛は一括の契約のみで全身の各部位を脱毛できる点で優れており、コストパフォーマンスが非常に高い種類に該当します。

一般的にエステであればフラッシュ脱毛、クリニックや病院の場合は医療レーザーを主軸として施術が行われるものの、体質と部位次第ではニードル方式の脱毛を併用する例が想定されます。全身脱毛において気をつけておかなければならない要素としては各部位ごとの毛周期があげられ、身体の場所に応じて毛穴が入れ替わる時期のサイクルは異なっているため、最大限の効果を発揮できるタイミングで施術を受ける選択が理想的となります。

毛周期の差が生じる都合上、効率を重視すると一度の施術で対応箇所全てを処理できない可能性が考えられ、脱毛範囲次第では時期をずらして別々に脱毛する必要性があるので、脱毛完了までの施術回数があとから増加することもあります。よって、回数制限の決められているプランには注意が必要で、処理が不完全であったり毛周期の影響で回数が増えた際に別料金を取られないよう、予め契約内容を十分に確認しておくべきといえます。

また、全身脱毛で効果を実感するには最低でも3回から6回程度の施術を終えることが重要で、皮膚の内側に存在する毛穴は処理できない理由から、これらは全て繰り返し施術を受けて少しずつ発毛を抑えていく技術となります。レーザーやフラッシュのみの施術では最終的に細かい産毛が残ってしまう状況も多い一方で、ニードル方式を導入していれば残さず全身脱毛を行うことが可能な点もポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です