レーザー脱毛と毛乳頭

ムダ毛は自己処理をいくらしても、また生えてきてしまうやっかいなものです。

脱毛する機器も、家庭用のものが売られるようになっているので、カミソリやシェーバーだけではなく、脱毛器をつかってムダ毛の自己処理をしているひとも多いでしょう。しかし、たとえ脱毛器をつかっているとしても、完全にムダ毛が生えてこないようにすることは残念ながらできません。それならば、コマーシャルでもよく見かけるエステサロンでの脱毛ならムダ毛が生えてこないよにできるかというと、答えは三角です。

たしかにエステサロンでの光やフラッシュ脱毛といわれる方法で、ムダ毛がほとんど生えてこないようになったというひともいるでしょうが、すべてのムダ毛が濃かったり太かったりするひともムダ毛とさよならできるかというとそうではありません。光だとレーザー脱毛のようにしっかりとしている熱ダメージを毛乳頭に与えることはできませんから、結局また時間がたてば毛乳頭のはたらきがよみがえってきて、ムダ毛がつくられるようになるのです。

せっかくお金をはらっても、またムダ毛が生えてくるのであれば意味がないので、医療レーザー脱毛のようにしっかりと永続的な効果が得られる方法を最初からえらんでおいたほうがお金もむだにせずにすみます。医療レーザー脱毛は、効果が確実とはいえ、熱ダメージは毛乳頭にだけしか吸収されないので、お肌が全体的にダメージを受けることもないので、美肌には差し支えありません。

夏になると、どんなデザインの薄着や水着に着替えてもおかしくないように、体のあちこちに生えているムダ毛を、片っ端から自己処理しているという方もあるでしょうね。カミソリや毛抜き、除毛クリームなど、スーパーやドラッグストアに行けば、女性のためのムダ毛処理アイテムが多数売られているので、それを使っている人は多いですが、肌の弱い人の場合は、炎症や吹き出物が起きやすいの注意が必要です。

せっかくムダ毛がなくなっても、肌がブツブツだらけになっては大変ですし、なかなか治らないときは皮膚科で治療を受けなければなりません。綺麗な肌のままで、ムダ毛だけをなくす方法はレーザー脱毛を受けることなので、自己処理するたびに肌荒れするような方は、美容外科や皮膚科に行くようにしてください。

レーザー脱毛は、皮膚にレーザーを照射するので怖いし、傷が残りそうと思う方もありますが、医療レーザーは黒のメラニン色素のみに反応しますから、黒い毛の部分以外を傷つけるようなことはありません。レーザーの照射を受けた直後は、多少肌が赤みを帯びることはありますが、時間が経てば治まりますし、そのせいで重大な肌トラブルを起こすようなこともないので安心するようにしましょう。

それにレーザー脱毛はクリニックでしか受けられない施術ですから、もし万が一のことがあれば、その場でお医者さんが治療を行ってくれます。それ以上の悪化を防ぐことが出来るので、もともと肌の弱い敏感肌の人やアトピー肌の人は、クリニックで施術を受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です