脱毛完了までに必要な施術回数とは

“サロンやクリニックで脱毛を受けた場合、1回でつるすべ肌になることはありません。これは部分脱毛でも全身脱毛でも同じで、つるつるになるまでには何度も通う必要があります。これには毛の周期というものが大きく関わっています。

毛には、休止期、成長期、退行期というサイクルがあり、これを毛周期と呼んでいます。休止期は毛が養分を蓄え生えるのを待っている状態、成長期はぐんぐん成長している状態、退行期は成長を終えて抜けるのをまっている状態です。

さて、サロンでは特殊な光、クリニックでは医療レーザーを肌に照射して毛根にダメージを与えることで毛が抜けるのを促します。毛根部分にあり毛の成長に大きく関わる毛母細胞や毛乳頭も弱るため、次の毛も生えてこなくなります。毛根がダメージを受けるのは、この光やレーザーがメラニン色素に反応する性質を持つためです。ところが退行期や休止期で残っている毛は黒くないので熱が集らず、施術の効果がありません。

各部位によって成長期にある毛の割合は異なりますが、頭髪を除いてだいたい2割から3割といったところです。つまり1回の施術で効果があるのは全体の3割以下ということになります。残りは成長期に入って生えてくるので、また施術する必要があります。これが1回の施術ではつるつるにならない理由です。

ただし、個人のもともとの毛量や毛質、それに部位によって必要な回数は異なってきます。またどの程度まで脱毛できればいいかによっても異なります。どれくらい通えばいいのか、目安となる回数を見ていきましょう。”

“脱毛は美容クリニックでも脱毛サロンでも受けることができますが、医療機関は医療レーザーを使うことが許されているためサロンよりもクリニックの方が必要となる施術回数は少なくなります。
クリニックでは、目安として5~6回の施術でセルフケアがほとんどいらない程度につるつるになると言われています。そのためクリニックでは6回パックを設定しているところが多いです。ただし、すでに述べたようにこれは個人差や部位による違いがあります。

サロンではマイルドな光を用いているため、医療レーザーに比べて効果が落ちます。5~6回でなんとなく全体の毛量が減ったことを実感するレベルです。6回~11回でかなりセルフケアが楽になってきます。もともと薄い人であればこの段階でやめても良いかもしれません。12回~18回でかなり満足のいくレベルになると言われています。サロンでは、6回や12回のパックブランを設定しているところがありますが、多少薄くなればいいという人を除いて6回パックはあまりおすすめできません。パックプランが終了してから他のコースを追加して結局高くつくといった可能性があります。回数無制限プランがあればそれを選ぶのがおすすめです。

なお、先に述べたように脱毛は毛周期に合わせて行わなければならないため、施術は2~3か月に1回ペースとなります。クリニックでは2カ月に1回、6回受けたとして1年程度、サロンでは2か月に1回としても18回受けると3年かかります。

サロンによっては毛周期に関係ない脱毛方法を採用していて、1カ月に1回ペースで施術を受けられるところがあります。早く脱毛を完了させたいという人は、そういったサロンかクリニックを選ぶといいでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です