シェービングと光脱毛について

“脱毛の中でも最も手軽に出来るのがシェービング(毛剃り)です。これは専用のかみそりを使って広い班員の産毛や細い毛を剃る方法です。かみそりの滑りをよくして肌への負担を少なくするために、シェービングフォームの泡やジェル、クリームなどを塗ります。この泡を取り除くようにかみそりを優しく滑らして脱毛をします。剃ったあとはホットタオルで泡を拭き取って保湿を行います。

古い角質なども剃れるので白くて透明感のある肌が期待できて、古い組織も除去できるため保湿液が浸透しやすくなり化粧ノリもよくなります。光照射では反応しにくい産毛なども処理が可能で、1回で効果があるため急な時でも脱毛ができます。光や電気などと比べると格安です。サロンだと行えるところが限られています。

向いている部位は顔や耳、眉毛や指、背中に二の腕、デコルテや足、髭などでよくブライダルエステで行われています。1回で終わりますが効果は一時的で、かみそりを使って処理をするのが一般的ですが、理容師がいない場合は電気シェーバーを使うことが多いです。シェービングは刃物類の使用許可を受けていて、理容師免許があるエステティシャンだけが施術を行えます。

これまでシェービングを受けたことがない場合は、肌との相性確認のためにパッチテストや事前に肌質をチェックします。特に挙式前など大切なイベントがあるときには、受ける前に1週間以上余裕がある状態で、スケジュールを組んだ方が良いです。

“エステサロンで行われているのが光脱毛です。フラッシュやIPL、プラズマがあります。黒色に反応する光線で毛球や毛乳頭を処理します。キセノンフラッシュ光線と特殊偏光フィルムにより一瞬だけ発光させて毛根に働きかけます。レーザーでの処理と原理は同じですが、波長は長くて複合波長光線で多様な毛室や毛根の深さに反応して、光線が脱毛処理部の毛根にきちんと届くように設計されたマシンを使います。

施術中のライト光による瞳への刺激防止のために、目には保護用サングラスを付けます。肌へのダメージを減らすために脱毛する部位には冷却用ジェルを塗布し、その上から脱毛ライトを照射します。施術後にはジェルを拭き取ります。11度で何本もまとめて処理が可能でニードルと比べると短時間で完了します。また、レーザーと比べて痛みも少なく1回の料金も安いです。表面に毛が伸びてなくても行えます。

レーザーと比べると出力が弱いので効果が出にくく、日焼けした肌や毛を剃った直後だと行えません。髭やワキ、Vラインや腕、足やうなじ、顔や指など全身に施術が出来ます。一般的に2ヶ月から3ヵ月に1回行い、毛のサイクルにもよりますが大体6回から12回程度です。1度効果があると長期的な効果も期待できます。マシンの種類によってフラッシュやプラズマ、ライトなど色々ありますが、どの場合でも全て同じ光によるものです。最近は毛周期に関係なく施術を行うマシンなども出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です